就職すること

一人の人間として生きていくためには、誰もが仕事をして生計を立てなければなりません。

何もせずに楽をして生きることができるならば、それに越したことはないと考える人もいるでしょうが、残念ながら社会のシステムはそのように成り立っていないので、働かざるを得ないのです。

たとえ何もしないで生きる選択をしたとしても、それは自分自身を苦しめるだけです。自分のことは自分自身で切り拓き、生きるためのお金を稼いで衣食住を手に入れていくこと、これが人間の営みです。しかしながら、現代日本では長引く不況のあおりで、各企業人件費を削減するために雇用を控えるようになり、仕事に就くこと自体が難しくなっているという状況は否めません。

失業率は年々増加傾向にあり、政府はあれこれ策を投じているものの、大きな成果をあげるものは今のところありません。「就職難民」という言葉も当たり前のように耳にするこの現状のなか、「就職」のスタイルも多様化しつつあります。

高度経済成長期のような豊かな時代には一度就職すれば「終身雇用」が約束され、正社員としての安定した生活が待っていました。しかし今では、正社員として雇用されること自体が難しくなり、たとえ雇用されたとしても「終身雇用」が保障されることが100%とはいいがたく、突然会社がなくなる可能性もゼロではない厳しい現実が待っています。
実際、現在あらゆる現場では、正規雇用の正社員よりも非正規雇用である契約社員・派遣社員などが多く、安い人件費でやりくりする企業側の施策が伺い知れるのです。

このような厳しい時代に就職を控える若者たちは、一体に何を目標に向かえばよいのでしょうか。決して正社員として働くことが最良の選択とはいえない世の中で、あらゆる生き方が市民権を得ている状況下で、「就職すること」の意味を改めて考える時なのかもしれません。

※注目サイト※
就職をする際に利用すると便利な求人サイトです・・・就職